作成者別アーカイブ: ATK

6/18(日) ATK交流会のお知らせ

ディーッス!!
D-0界の「デビルアックス」ことジャコモだよ☆
開催日は6月18日(日曜日)です!

今回の開催場所はいつも通りの「中央区民センター http://www.chuou-kusen.jp/」となります。
お気軽にお越しくださいませ!

ぜひ、お気軽にお越しくださいませ!
内容は下記の通りとなります。

開場 10:30
その前に入場すると手伝わされる可能性が非常に大きいです。
手伝ってくれた方には先着で飲み物が振舞われたり振舞われなかったり。

【Ⅳ&Ⅴ&F/2017構築】11:30開始
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」のカードを使用して行う構築戦。

+レギュレーション+
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」までのカードセットを使用できる。
・使用できる禁呪はメインデッキ、サイドデッキ合わせて10点が上限である。
(サイド無しの1本制の場合はメインデッキのみで禁呪の上限が10点である。)

使用可能カードリストから除外されるカード一覧
全最2017秋 除外リスト http://zerojigen.sblo.jp/article/177095956.html

【Ⅳ&Ⅴ&F/2017構築】14:00開始
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」のカードを使用して行う構築戦。

+レギュレーション+
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」までのカードセットを使用できる。
・使用できる禁呪はメインデッキ、サイドデッキ合わせて10点が上限である。
(サイド無しの1本制の場合はメインデッキのみで禁呪の上限が10点である。)

使用可能カードリストから除外されるカード一覧
全最2017秋 除外リスト http://zerojigen.sblo.jp/article/177095956.html

【Ⅳ&Ⅴ&F/2017構築】16:00開始
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」のカードを使用して行う構築戦。

+レギュレーション+
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」までのカードセットを使用できる。
・使用できる禁呪はメインデッキ、サイドデッキ合わせて10点が上限である。
(サイド無しの1本制の場合はメインデッキのみで禁呪の上限が10点である。)

使用可能カードリストから除外されるカード一覧
全最2017秋 除外リスト http://zerojigen.sblo.jp/article/177095956.html

7/1(土)~7/2(日) 第10回 北海道最強決定戦

北海道最強決定戦

今回の開催場所はいつも通りの「中央区民センター http://www.chuou-kusen.jp/」となります。
お気軽にお越しくださいませ!

7/1(土)
+タイムテーブル+
1030開場
1230受付開始
1300試合開始
2030完全閉場

北海道最強決定戦 予選A
レギュレーション「ATK式2デッキ制(変則双身戦)」
【ルールは記事下部に記載】
●優勝者、準優勝者は翌日に行われる「北海道最強決定戦」に出場できる。
●試合時間はAデッキBデッキ+3戦目がある場合はそれを含めて60分である。


7/2(日)
+タイムテーブル+
1030開場
1045予選B 受付開始
1100予選B 試合開始
1330本戦 試合開始
1700大会終了

北海道最強決定戦 予選B
レギュレーション「ATK式2デッキ制(変則双身戦)」
【ルールは記事下部に記載】
●試合時間はAデッキBデッキ+3戦目がある場合はそれを含めて60分である。
●使用するデッキは前日と違うものを使用してもよい。
 ※本戦では予選Bで使用したデッキを使用すること。
●前日の優勝者、準優勝者も出場してもよい。
これによって優勝者、準優勝者が重複した場合、重複したものはシード権を与えられる。
●トーナメント形式で行われる。
 ランダムで〝つぶて〟リーグと、〝サイレン〟リーグに出場者を分け、
 それぞれのリーグの優勝者が当日行われる「北海道最強決定戦」に出場できる。

北海道最強決定戦 本戦
レギュレーション「ATK式2デッキ制(変則双身戦)」
●トーナメント形式で行われる。
勝ち残ったものこそが北海道最強の証である『カムイ』の名を与えられる。また、道外のものにはそれに代わり、「シ・カムイ」の名を与えられる。
●試合時間の制限はないが、当日の時間状況によって過剰な思考時間に関しては注意、警告が与えられる。
 当日の時間状況次第なので当日の参加者のみ運営側が返答する予定となる。
●予選Aで出場したものは本戦においてデッキを変更してもよい。
 その場合は1100までにデッキレシピを提出すること。
 デッキ変更の有無は運営と秘密裏に行ってよい。
●予選Aと予選Bの優勝者、準優勝者のデッキレシピは予選B終了時に本戦出場者に渡される。
●予選Aと予選Bの優勝者、準優勝者はデッキレシピを試合中に参照することはできない。


レギュレーション「ATK式2デッキ制(変則双身戦)」

+基本的なルール+
●デッキレシピ提出時、どちらかのデッキをAデッキ、どちらかのデッキをBデッキとして指定する。
 AデッキはAデッキ同士、BデッキはBデッキ同士で試合を行う。
 まずはAデッキが終わったら、次はBデッキで試合を行うこと。
 デッキレシピ提出時点で決定し、その後は変更できない。
●トーナメント時、Aデッキ同士の試合で時間切れになった場合、それは両者の敗北として扱う。
●トーナメント時、引き分けた場合(勝利数が同数になった場合)、残り時間でAデッキとBデッキの好きな方で試合を行う。
 試合開始するまでどちらのデッキを使用するかは宣言する必要はない。
 残り時間で決着がつかなかった場合、その試合で使用したデッキをシャッフルし、デッキの上を1枚表にする。
 表になったカードのプレイコストと移動コストの合計値が5に最も近いプレイヤーが勝者となる。
 移動コストがないカード(ベース、ストラテジー)場合はプレイコストを移動コストとして扱う。

+デッキ構築ルール+
●Aデッキで使用した色のカードはBデッキでは使用できない。
●その為、Aデッキで全ての色を使用することは禁止とする。
 一例)Aデッキが白を33枚使用し、黒を7枚使用している場合、Bデッキが使用できるカードは緑、赤、青のカードである。
●禁呪はAデッキで10点、Bデッキで10点ずつ使用できる。
 ※どちらかで余った禁呪を片方のデッキに充当するような事はできない。

+使用可能なカード+
後述する「使用できないカード」以外の「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」のカード

+使用できないカード+

「機神兵カンノン(4-2/012)」
「焔魔ツユシバ (5-1/008)」
「大陸アルドのブラックナイト (5-2/016)」
「光の勇者マキリ (5-2/025)」
「修羅の騎士(5-2/028)」
「光の巫女ホリプパ(5-2/030)」


「錯乱時計パニックヴォイス (5-1/052)」
「大陸アルドのサイクロプス (5-2/072)」


「産卵科病棟 (4-2/057)」
「超常現象対策本部 (4-2/058)」
「エビアクトレス (5-1/084)」
「賢者妖精ペイングリン (5-1/085)」
「アトロシティ・アトラス (5-1/091)」
「料理長コック・ハワード (5-1/104)」


「魔導女王アリエーテ (5-1/130)」


「ロスト・ワールド (1-4/095) (5-1/192)」
「草夾竹桃 (4-1/173)」
「枯れ果てた大樹 (4-1/192)」
「神を討つ魔剣の勇者 (4-3/094)」
「妖精の社交場 (4-3/102)」
「変幻獣バブルスカラベ (5-1/173)」
「大巨人バックス (5-1/190)」
「森の守り神キーマ (5-2/189)」
「妖精のダンス (5-2/200)」
「精霊使いアキロ (5-2/206)」
「獣闘士バルカン(5-2/212)」

5/21(日) ATK交流会のお知らせ

ディーッス!!
D-0界の「スレイダー」ことジャコモだよ☆
開催日は5月21日(日曜日)です!

今回の開催場所は「西区民センター(最寄り:琴似駅)」となります。
お気軽にお越しくださいませ!

ぜひ、お気軽にお越しくださいませ!
内容は下記の通りとなります。

開場 10:30
その前に入場すると手伝わされる可能性が非常に大きいです。
手伝ってくれた方には先着で飲み物が振舞われたり振舞われなかったり。

【Ⅳ&Ⅴ&F/2017構築】11:30開始
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」のカードを使用して行う構築戦。

+レギュレーション+
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」までのカードセットを使用できる。
・使用できる禁呪はメインデッキ、サイドデッキ合わせて10点が上限である。
(サイド無しの1本制の場合はメインデッキのみで禁呪の上限が10点である。)

使用可能カードリストから除外されるカード一覧
全最2017秋 除外リスト http://zerojigen.sblo.jp/article/177095956.html

【Ⅳ&Ⅴ&F/2017構築】14:00開始
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」のカードを使用して行う構築戦。

+レギュレーション+
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」までのカードセットを使用できる。
・使用できる禁呪はメインデッキ、サイドデッキ合わせて10点が上限である。
(サイド無しの1本制の場合はメインデッキのみで禁呪の上限が10点である。)

使用可能カードリストから除外されるカード一覧
全最2017秋 除外リスト http://zerojigen.sblo.jp/article/177095956.html

【Ⅳ&Ⅴ&F/2017構築】16:00開始
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」のカードを使用して行う構築戦。

+レギュレーション+
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」までのカードセットを使用できる。
・使用できる禁呪はメインデッキ、サイドデッキ合わせて10点が上限である。
(サイド無しの1本制の場合はメインデッキのみで禁呪の上限が10点である。)

使用可能カードリストから除外されるカード一覧
全最2017秋 除外リスト http://zerojigen.sblo.jp/article/177095956.html

5/7(日) ATK交流会のお知らせ

ディーッス!!
D-0界の「ボンバボーン」ことジャコモだよ☆
開催日は5月7日(日曜日)です!

今回の開催場所はいつも通りの「中央区民センター http://www.chuou-kusen.jp/」となります。
お気軽にお越しくださいませ!

ぜひ、お気軽にお越しくださいませ!
内容は下記の通りとなります。

開場 10:30
その前に入場すると手伝わされる可能性が非常に大きいです。
手伝ってくれた方には先着で飲み物が振舞われたり振舞われなかったり。

【Ⅳ&Ⅴ&F/2017構築】11:30開始
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」のカードを使用して行う構築戦。

+レギュレーション+
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」までのカードセットを使用できる。
・使用できる禁呪はメインデッキ、サイドデッキ合わせて10点が上限である。
(サイド無しの1本制の場合はメインデッキのみで禁呪の上限が10点である。)

使用可能カードリストから除外されるカード一覧
全最2017秋 除外リスト http://zerojigen.sblo.jp/article/177095956.html

【Ⅳ&Ⅴ&F/2017構築】14:00開始
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」のカードを使用して行う構築戦。

+レギュレーション+
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」までのカードセットを使用できる。
・使用できる禁呪はメインデッキ、サイドデッキ合わせて10点が上限である。
(サイド無しの1本制の場合はメインデッキのみで禁呪の上限が10点である。)

使用可能カードリストから除外されるカード一覧
全最2017秋 除外リスト http://zerojigen.sblo.jp/article/177095956.html

【Ⅳ&Ⅴ&F/2017構築】16:00開始
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」のカードを使用して行う構築戦。

+レギュレーション+
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」までのカードセットを使用できる。
・使用できる禁呪はメインデッキ、サイドデッキ合わせて10点が上限である。
(サイド無しの1本制の場合はメインデッキのみで禁呪の上限が10点である。)

使用可能カードリストから除外されるカード一覧
全最2017秋 除外リスト http://zerojigen.sblo.jp/article/177095956.html

4/9(日) ATK交流会のお知らせ

ディーッス!!
D-0界の「42109」ことジャコモだよ☆
開催日は4月9日(日曜日)です!

今回の開催場所はいつも通りの「中央区民センター http://www.chuou-kusen.jp/」となります。
お気軽にお越しくださいませ!

ぜひ、お気軽にお越しくださいませ!
内容は下記の通りとなります。

開場 10:30
その前に入場すると手伝わされる可能性が非常に大きいです。
手伝ってくれた方には先着で飲み物が振舞われたり振舞われなかったり。

【Ⅳ&Ⅴ&F/2017構築】11:30開始
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」のカードを使用して行う構築戦。

+レギュレーション+
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」までのカードセットを使用できる。
・使用できる禁呪はメインデッキ、サイドデッキ合わせて10点が上限である。
(サイド無しの1本制の場合はメインデッキのみで禁呪の上限が10点である。)

使用可能カードリストから除外されるカード一覧
全最2017秋 除外リスト http://zerojigen.sblo.jp/article/177095956.html

【Ⅳ&Ⅴ&F/2017構築】14:00開始
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」のカードを使用して行う構築戦。

+レギュレーション+
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」までのカードセットを使用できる。
・使用できる禁呪はメインデッキ、サイドデッキ合わせて10点が上限である。
(サイド無しの1本制の場合はメインデッキのみで禁呪の上限が10点である。)

使用可能カードリストから除外されるカード一覧
全最2017秋 除外リスト http://zerojigen.sblo.jp/article/177095956.html

【Ⅳ&Ⅴ&F/2017構築】16:00開始
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」のカードを使用して行う構築戦。

+レギュレーション+
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」までのカードセットを使用できる。
・使用できる禁呪はメインデッキ、サイドデッキ合わせて10点が上限である。
(サイド無しの1本制の場合はメインデッキのみで禁呪の上限が10点である。)

使用可能カードリストから除外されるカード一覧
全最2017秋 除外リスト http://zerojigen.sblo.jp/article/177095956.html

大蝦夷の乱 4/2の部

大蝦夷の乱
4/2 の 部

開催場所
「中央区民センター http://www.chuou-kusen.jp/

開場 10:30
早く来ると手伝わされます
頒布は希望者に対して開場と同時に行われます(詳しくはTwitterで聞いてみてください)

【大蝦夷の乱 FMT(FixerS Maniacs Triathlon)Round03】11:30開始

+レギュレーション+
第三種目「全最仕様 構築戦」
重要*デッキ登録用紙の提出あり*
ATKデッキ登録用紙
2本制/60分
サイドボードあり
+レギュレーション+
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」までのカードセットを使用できる。
・使用できる禁呪はメインデッキ、サイドデッキ合わせて10点が上限である。

使用可能カードリストから除外されるカード一覧
全最2017秋 除外リスト http://zerojigen.sblo.jp/article/177095956.html

+勝者恩恵+
BPの進呈(最終的にBPが多いものがタイトル:蛮王冠(ばんのうかん)を与えられます)
蛮王冠を持つものは「ATKが指定する、次のタイトルがかかる大会において勝敗特典などの恩恵を得る」
優勝:5BP
準優勝:3BP
三位:2BP
使用したデッキが
「FixerSのカードがメインボード30枚以上使用されている」
または
「FixerSのカードがメイン、サイドを含めて40枚以上使用されている」
:2BP

【大蝦夷の乱 FMT(FixerS Maniacs Triathlon)ExRound】16:00開始

+レギュレーション+
閉会式、その後は参加者との座談会等

+勝者恩恵+
楽しい思い出

レキセン

+レギュレーション+
デッキを構築する際、以下の条件を満たさなければならない。
センチュリー単位でカードを選んで使用する。
例)ファースト・センチュリーでデッキを構築することをあなたは選んだ。その場合、使用できるカードは「Ⅰ―1」「Ⅰ―2」「Ⅰ―3」「Ⅰ―4」に収録されたカードのみを使用できる。
再録カードは再録元のセンチュリー以外は例外を除いて使用できない。
例)ルビー・ソウルはファースト・センチュリー以外は使用できない。再録されたサード・センチュリーでは使用できない。
例)フィフス・センチュリーのみ再録が使用できる。
代理カードの使用を許可する。
例)FxierSとProxyを除いて、持っていないカードをカード名称を書いて、それをそのカードとして使用できる。
一部の例外が存在する。
例外:レアリティがシークレットとプレミアムレアのカードは、それは再録として扱わない。それはそのセンチュリーのカードであり、同時にPRでもあるとして扱う。
例外:Ⅳ-1グレン・リベットを代理カードではなく、本来のカードで使用する場合、それはエラッタを適用しない。
例)ボンガを継ぐ者はサード・センチュリーを選択した場合でも、Proxy&PRを選択した場合でも使用できる。
例)グレン・リベットはファースト・センチュリーとフォース・センチュリーを選択している場合のみ、それは使用できる。
使用できるセンチュリーは以下のとおりである。
カードリストに関してはD0-RSSを使用すると解りやすい
●上記で書かれていないルールは全て通常の構築戦のようにして扱う。
例)カード単体の上限枚数(*3)、禁呪の上限点数(*10)、デッキ枚数(*40)、サイドデッキ枚数(*10)等は本来のルールが変更されることはない。

【ファースト・センチュリー】
使用可能なカード:「Ⅰ―1」「Ⅰ―2」「Ⅰ―3」「Ⅰ―4」に収録された全てのカード

【セカンド・センチュリー】
使用可能なカード:「Ⅱ―1」「Ⅱ―2」「Ⅱ―3」「Ⅱ―4」に収録された再録を除く全てのカード

【サード・センチュリー】
使用可能なカード:「Ⅲ―1」「Ⅲ―2」「Ⅲ―3」「Ⅲ―4」に収録された再録を除く全てのカード

【フォース・センチュリー】
使用可能なカード:「Ⅳ―1」「Ⅳ―2」「Ⅳ―3」「Ⅳ―4」に収録された禁呪と再録を除く全てのカード
注意)禁呪の使用は「認められていない」

【フィフス・センチュリー】
使用可能なカード:「Ⅴ―1」「Ⅴ―2」に収録された禁呪と以下に記載されているものを除く全てのカード
エビアクトレスは使用できない。
Ⅴ-aに収録された焔魔カンゼミズ、幽魔タスヴィーリー、洞魔ジュウエルはPRカードであるため使用できない。
Ⅴ-2にナンバリングされている202~218のカードは使用できない。
注意)上記のカード以外の再録カードの使用は「認められている」
注意)禁呪の使用は「認められていない」

【FixerS】
使用可能なカード:「F-1」、「F-2」、「F-a」、「Proxy」の全てのカード
注意)禁呪の使用は「認められている」

【Proxy&PR】
使用可能なカード:「Proxy」に収録された禁呪を除く全てのカード、プロモーションとして配布・販売された禁呪と以下に記載されているものを除く全てのカード(このセンチュリーのみ、それらのカードは再録として扱わない)
カニアーミーは使用できない。

【Unseal】
使用可能なカード:「禁呪」を持つ全てのカード。《神竜の書》、《魔界紳士録》、《深海目録》、《零号機の福音書》、《融合進化論》を入れる場合、それに対応するカードは禁呪を持たないが例外的に入れてもよい。
対応カード
《神竜の書》=《ギャラクシー・ドラゴン》、《魔界紳士録》=《総司令ベリアル》、《深海目録》=《ギガント・ウロボロス》、《零号機の福音書》=《ゴー・トゥ・ヘヴン》、《融合進化論》=《新生獣G・ガドリオン》
例)融合進化論を1枚デッキに入れているので、新生獣G・ガドリオンを1枚デッキに投入することができる
例)零号機の福音書を2枚デッキに入れているので、ゴー・トゥ・ヘヴンを3枚デッキに投入することができる

大蝦夷の乱 4/1の部

大蝦夷の乱
4/1 の 部

開催場所
「中央区民センター http://www.chuou-kusen.jp/

開場 10:30
早く来ると手伝わされます
頒布は希望者に対して開場と同時に行われます(詳しくはTwitterで聞いてみてください)

【大蝦夷の乱 FMT(FixerS Maniacs Triathlon)Round01】11:30開始

+レギュレーション+
第一種目「レキセン」
2本制/60分
サイドボードあり
詳しいレギュレーション:http://atk.hiho.jp/?p=3791&preview=true

+勝者恩恵+
BPの進呈(最終的にBPが多いものがタイトル:蛮王冠(ばんのうかん)を与えられます)
蛮王冠を持つものは「ATKが指定する、次のタイトルがかかる大会において勝敗特典などの恩恵を得る」
優勝:5BP
準優勝:3BP
三位:2BP
使用したデッキが「最も使用者の少ないセンチュリーであった場合」:2BP

【大蝦夷の乱 FMT(FixerS Maniacs Triathlon)Round02】16:00開始

+レギュレーション+
第二種目「定山渓ドラフト」
ドラフトによる試合。
詳しい説明は当日、開始前に行われる

+勝者恩恵+
当日発表

3/5(日) ATK交流会のお知らせ

ディーッス!!
D-0界の「土星エンジン」ことジャコモだよ☆
開催日は3月5日(日曜日)です!

今回の開催場所は「西区民センター(最寄り:琴似駅)」となります。
お気軽にお越しくださいませ!

ぜひ、お気軽にお越しくださいませ!
内容は下記の通りとなります。

開場 10:30
その前に入場すると手伝わされる可能性が非常に大きいです。
手伝ってくれた方には先着で飲み物が振舞われたり振舞われなかったり。

【Ⅳ&Ⅴ&F/2017構築】11:30開始
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」のカードを使用して行う構築戦。

+レギュレーション+
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」までのカードセットを使用できる。
・使用できる禁呪はメインデッキ、サイドデッキ合わせて10点が上限である。
(サイド無しの1本制の場合はメインデッキのみで禁呪の上限が10点である。)

使用可能カードリストから除外されるカード一覧
全最2017秋 除外リスト http://zerojigen.sblo.jp/article/177095956.html

【Ⅳ&Ⅴ&F/2017構築】14:00開始
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」のカードを使用して行う構築戦。

+レギュレーション+
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」までのカードセットを使用できる。
・使用できる禁呪はメインデッキ、サイドデッキ合わせて10点が上限である。
(サイド無しの1本制の場合はメインデッキのみで禁呪の上限が10点である。)

使用可能カードリストから除外されるカード一覧
全最2017秋 除外リスト http://zerojigen.sblo.jp/article/177095956.html

【レキセン/歴史大戦@練習試合】16:00開始
特殊なレギュレーション(レキセンレギュ)で行われる大会。
本番(大蝦夷の乱)は2本制、60分となりますが、
練習試合では1本制、25分となります。

+レギュレーション+
デッキを構築する際、以下の条件を満たさなければならない。
センチュリー単位でカードを選んで使用する。
例)ファースト・センチュリーでデッキを構築することをあなたは選んだ。その場合、使用できるカードは「Ⅰ―1」「Ⅰ―2」「Ⅰ―3」「Ⅰ―4」に収録されたカードのみを使用できる。
再録カードは再録元のセンチュリー以外は例外を除いて使用できない。
例)ルビー・ソウルはファースト・センチュリー以外は使用できない。再録されたサード・センチュリーでは使用できない。
例)フィフス・センチュリーのみ再録が使用できる。
代理カードの使用を許可する。
例)FxierSとProxyを除いて、持っていないカードをカード名称を書いて、それをそのカードとして使用できる。
一部の例外が存在する。
例外:レアリティがシークレットとプレミアムレアのカードは、それは再録として扱わない。それはそのセンチュリーのカードであり、同時にPRでもあるとして扱う。
例外:Ⅳ-1グレン・リベットを代理カードではなく、本来のカードで使用する場合、それはエラッタを適用しない。
例)ボンガを継ぐ者はサード・センチュリーを選択した場合でも、Proxy&PRを選択した場合でも使用できる。
例)グレン・リベットはファースト・センチュリーとフォース・センチュリーを選択している場合のみ、それは使用できる。
使用できるセンチュリーは以下のとおりである。
カードリストに関してはD0-RSSを使用すると解りやすい
●上記で書かれていないルールは全て通常の構築戦のようにして扱う。
例)カード単体の上限枚数(*3)、禁呪の上限点数(*10)、デッキ枚数(*40)、サイドデッキ枚数(*10)等は本来のルールが変更されることはない。

【ファースト・センチュリー】
使用可能なカード:「Ⅰ―1」「Ⅰ―2」「Ⅰ―3」「Ⅰ―4」に収録された全てのカード

【セカンド・センチュリー】
使用可能なカード:「Ⅱ―1」「Ⅱ―2」「Ⅱ―3」「Ⅱ―4」に収録された再録を除く全てのカード

【サード・センチュリー】
使用可能なカード:「Ⅲ―1」「Ⅲ―2」「Ⅲ―3」「Ⅲ―4」に収録された再録を除く全てのカード

【フォース・センチュリー】
使用可能なカード:「Ⅳ―1」「Ⅳ―2」「Ⅳ―3」「Ⅳ―4」に収録された禁呪と再録を除く全てのカード
注意)禁呪の使用は「認められていない」

【フィフス・センチュリー】
使用可能なカード:「Ⅴ―1」「Ⅴ―2」に収録された禁呪と以下に記載されているものを除く全てのカード
エビアクトレスは使用できない。
Ⅴ-aに収録された焔魔カンゼミズ、幽魔タスヴィーリー、洞魔ジュウエルはPRカードであるため使用できない。
Ⅴ-2にナンバリングされている202~218のカードは使用できない。
注意)上記のカード以外の再録カードの使用は「認められている」
注意)禁呪の使用は「認められていない」

【FixerS】
使用可能なカード:「F-1」、「F-2」、「F-a」の全てのカード
注意)禁呪の使用は「認められている」

【Proxy&PR】
使用可能なカード:「Proxy」に収録された禁呪を除く全てのカード、プロモーションとして配布・販売された禁呪と以下に記載されているものを除く全てのカード(このセンチュリーのみ、それらのカードは再録として扱わない)
カニアーミーは使用できない。

【Unseal】
使用可能なカード:「禁呪」を持つ全てのカード。《神竜の書》、《魔界紳士録》、《深海目録》、《零号機の福音書》、《融合進化論》を入れる場合、それに対応するカードは禁呪を持たないが例外的に入れてもよい。
対応カード
《神竜の書》=《ギャラクシー・ドラゴン》、《魔界紳士録》=《総司令ベリアル》、《深海目録》=《ギガント・ウロボロス》、《零号機の福音書》=《ゴー・トゥ・ヘヴン》、《融合進化論》=《新生獣G・ガドリオン》
例)融合進化論を1枚デッキに入れているので、新生獣G・ガドリオンを1枚デッキに投入することができる
例)零号機の福音書を2枚デッキに入れているので、ゴー・トゥ・ヘヴンを3枚デッキに投入することができる

2/26(日) ATK交流会のお知らせ

ディーッス!!
D-0界の「ブッシュドノエル」ことジャコモだよ☆
開催日は2月26日(日曜日)です!

今回の開催場所はいつも通りの「中央区民センター http://www.chuou-kusen.jp/」となります。
お気軽にお越しくださいませ!

ぜひ、お気軽にお越しくださいませ!
内容は下記の通りとなります。

開場 10:30
その前に入場すると手伝わされる可能性が非常に大きいです。
手伝ってくれた方には先着で飲み物が振舞われたり振舞われなかったり。

【Ⅳ&Ⅴ&F/2017構築】11:30開始
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」のカードを使用して行う構築戦。

+レギュレーション+
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」までのカードセットを使用できる。
・使用できる禁呪はメインデッキ、サイドデッキ合わせて10点が上限である。
(サイド無しの1本制の場合はメインデッキのみで禁呪の上限が10点である。)

使用可能カードリストから除外されるカード一覧
全最2017秋 除外リスト http://zerojigen.sblo.jp/article/177095956.html

【Ⅳ&Ⅴ&F/2017構築】14:00開始
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」のカードを使用して行う構築戦。

+レギュレーション+
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」までのカードセットを使用できる。
・使用できる禁呪はメインデッキ、サイドデッキ合わせて10点が上限である。
(サイド無しの1本制の場合はメインデッキのみで禁呪の上限が10点である。)

使用可能カードリストから除外されるカード一覧
全最2017秋 除外リスト http://zerojigen.sblo.jp/article/177095956.html

【レキセン/歴史大戦@練習試合】16:00開始
特殊なレギュレーション(レキセンレギュ)で行われる大会。
本番(大蝦夷の乱)は2本制、60分となりますが、
練習試合では1本制、25分となります。

+レギュレーション+
デッキを構築する際、以下の条件を満たさなければならない。
センチュリー単位でカードを選んで使用する。
例)ファースト・センチュリーでデッキを構築することをあなたは選んだ。その場合、使用できるカードは「Ⅰ―1」「Ⅰ―2」「Ⅰ―3」「Ⅰ―4」に収録されたカードのみを使用できる。
再録カードは再録元のセンチュリー以外は使用できない。
例)ロスト・ワールドはファースト・センチュリー以外は使用できない。再録されたフィフス・センチュリーでは使用できない。
代理カードの使用を許可する。
例)FxierSとProxyを除いて、持っていないカードをカード名称を書いて、それをそのカードとして使用できる。
一部の例外が存在する。
例外:レアリティがシークレットとプレミアムレアのカードは、それは再録として扱わない。それはそのセンチュリーのカードであり、同時にPRでもあるとして扱う。
例外:Ⅳ-1グレン・リベットを代理カードではなく、本来のカードで使用する場合、それはエラッタを適用しない。
例)ボンガを継ぐ者はサード・センチュリーを選択した場合でも、Proxy&PRを選択した場合でも使用できる。
例)グレン・リベットはファースト・センチュリーとフォース・センチュリーを選択している場合のみ、それは使用できる。
使用できるセンチュリーは以下のとおりである。
カードリストに関してはD0-RSSを使用すると解りやすい
●上記で書かれていないルールは全て通常の構築戦のようにして扱う。
例)カード単体の上限枚数(*3)、禁呪の上限点数(*10)、デッキ枚数(*40)、サイドデッキ枚数(*10)等は本来のルールが変更されることはない。

【ファースト・センチュリー】
使用可能なカード:「Ⅰ―1」「Ⅰ―2」「Ⅰ―3」「Ⅰ―4」に収録された全てのカード

【セカンド・センチュリー】
使用可能なカード:「Ⅱ―1」「Ⅱ―2」「Ⅱ―3」「Ⅱ―4」に収録された再録を除く全てのカード

【サード・センチュリー】
使用可能なカード:「Ⅲ―1」「Ⅲ―2」「Ⅲ―3」「Ⅲ―4」に収録された再録を除く全てのカード

【フォース・センチュリー】
使用可能なカード:「Ⅳ―1」「Ⅳ―2」「Ⅳ―3」「Ⅳ―4」に収録された禁呪と再録を除く全てのカード
注意)禁呪の使用は「認められていない」

【フィフス・センチュリー】
使用可能なカード:「Ⅴ―1」「Ⅴ―2」に収録された禁呪と以下に記載されているものを除く全てのカード
エビアクトレスは使用できない。
Ⅴ-aに収録された焔魔カンゼミズ、幽魔タスヴィーリー、洞魔ジュウエルはPRカードであるため使用できない。
Ⅴ-2にナンバリングされている202~218のカードは使用できない。
注意)上記のカード以外の再録カードの使用は「認められている」
注意)禁呪の使用は「認められていない」

【FixerS】
使用可能なカード:「F-1」、「F-2」、「F-a」の全てのカード
注意)禁呪の使用は「認められている」

【Proxy&PR】
使用可能なカード:「Proxy」に収録された禁呪を除く全てのカード、プロモーションとして配布・販売された禁呪と以下に記載されているものを除く全てのカード(このセンチュリーのみ、それらのカードは再録として扱わない)
カニアーミーは使用できない。