カテゴリー別アーカイブ: コラム

吉田しく、思い出読みの憶絵さん、DimensionZero

仙台気鋭のDimensionZeroプレイヤーがいる。
その名前を「49(シク)」。
彼は仙台から突如現れ、前年2015の北海道最強決定戦において準優勝を果たした。
そして全日本最強決定戦2015においてはファイナリスト通過を果たし、
記憶に新しい東北最強決定戦においては3位に入賞。

己が手足となるデッキへのフィッティングセンス、機知の知識に頼らぬ戦場を見渡す慧眼、
的確に対手を撃破せしむるために行うスマッシュのタイミング、何より戦いを求めるその心魂。

彼はDimensionZeroにおいて「新たな世代たち」の力を知らしめるに十分な力の持ち主。
それが「49」という男である。

しかし彼のその才能は戦うことのみに非ず。

大手通販サイトであるAmazonでも

大手出版社であるKADOKAWAでも

吉田しく」という名を見ることができる。

刻まれし「吉田しく」という名もまた「49」の名なり。

そう、彼は作家なのだ。
その彼の処女作がKADOKAWAの富士見L文庫より発売される

DimensionZeroをプレイする強者の思考を理解したいのならば、その人物の作品を読むのが1番。
ならば発売されたこの作品を読めば彼の力を理解できるかもしれない。
或いは、盤上の戦いとは異なる世界に心を遣ることであらたな境地に到達できるかもしれない。
どうあれこの作品はDimensionZeroをプレイするものであれば一読に値するものだ。

さあ、読もう。

思い出読みの憶絵さん

――好評発売中!!

DimensionZeroにおけるデッキタイトルと内容について

ディーッス!
まともに記事を書かないブログとして勇名を馳せている(自分調べ)ATKだよ!
たまには思いつきで記事を作るのもいいよね。
今回の記事は「D-0のデッキタイトルとかについて」だよ。
順番は適当だよ。
主に私の周りで見たものしか記事にできないよ。あと、周りで見たもの、なので正式なものかもわからないよ。
ギミックや種族自体やカード単体の名前やデッキ名称に色が入っているものはあまり載せてないよ(フレアロードデッキとかアリエーテ無限とか刀匠デッキとか)。あまりなのでその限りでもないよ。ジャコモのさじ加減一つだね。

デッキ名称|主なカラーリング
説明
の順で書いていきます。

クレーターミュラー|緑黒
クレーターを投げ、ミュラーで回収し、クレーターを投げ、ミュラーで回収するデッキ。

ナインゲートボンガ|赤緑黒白
ボンガボンガを様々な門(生命、冥界、天国)から登場させて大打撃を狙うデッキ。
都市伝説的なデッキだ(北海道では)。

ゴドルフ|緑黒
ゴッドファーザーと幻影王ルドルフによる墓地、エネルギーゾーンにあるユニットを再利用しまくるデッキ。
緑黒ではあるが、基本的にはエネルギーブーストして生命の門からルドルフを出すか、
ゴッドファーザーからルドルフを出すのが一般的。
ちなみに大地の塔上でゲンブやタイガーアイを出し続けることで相手を殺す感じだった。
動きが許容されるならバニーバルカンタイガーアイであっさりと決着が付くことも少なくない。

トロールバレー|黒赤
幽鬼の谷でフェザー、ミュラーをトロール流砲撃術で殺して相手を殺して自分はストラテジーかユニットを回収することで相手を更地にする。
失恋などによって手札を枯らせることも。
ゴッドファーザーやルドルフのパワーが6000であることもあって、一般的に普及したゴドルフデッキを大会で虐殺していった。

四プラ|黒青白赤
通称プランジャーと呼ばれる4コストユニットを4種類入れたデッキ。

ロストウィニー|緑赤
ロストワールドで軽コストのユニットをさらに軽コスト化して相手を殴るデッキ。
四プラへの対抗デッキ。

ヘル・ジャッカル|黒青
ヘルが走り、ジャッカルで避ける。進む。相手を殺す。

天才流氷|青黒
流氷デッキだったものから流氷を抜いたデッキ。天才的な発想をしたから生まれたのかどうかはもはや忘れた。
イビルアイプリンセスを主軸に置いた青黒コントロール。

ハウンドロック|白
オーロラウォールとハウンドファクトリーで相手の動きを阻害するデッキ。

レア・ブラスター|緑白タッチ赤黒
バイオブラスターかブルマスティフで大型をいっぱい出すデッキ。

タカハシビート|黒白
ヘルとザッハトルテで殴るビートダウン。
使用者の名前をとっている。

新見スペシャル(サラマンダーVer.)|黒赤
9分の1確定除去が入っており、有名プレイヤーを撃破したことで全国に伝わったデッキ。
使用者の名前をとっている。

薔薇スペ|白黒
蠢く死者→ケルベロスorシュレーゲルでコントロールするデッキ。
使用者の名前をとっている。

名古屋ビート|緑赤
カペラやバーンなどのスマッシュが高いユニットでビートをする、広義では隊列デッキに該当する。

勇者サイクロン|緑青
中央に置いた妖魔の勇者の周りをエメラルドティアーで回転させることで相手のエネルギーを縛るデッキ。
不能極によってティアーで戻すという手順もある。

スマッシュロック|白青
エビブロンズ、束縛の連鎖などで相手を縛り続けてマジョリティで勝つことを目的としたデッキ。
このデッキが流行ったことで大会の終了時刻が悲しいことになったこともある。
通称、遅延コン。

風車グラシア|白緑
グラシアのパワーと対象に取られない能力に、加速までついたら最強じゃね?という男の子精神に溢れるデッキ。

田島ブルー|青
青の闘気を主軸とした青単。
使用者の名前をとっている。

ドラゴンマーチ|白緑
スタフル→ラルゴで強力なラインを成型するデッキ。

ドラゴンパーティ|緑青
エネルギーを増やしてスタフル→エメラルドティアーを行ったり、
デッキタイトルの通りフェアウェルパーティー→レインボーレインという行動をしたり。
タッチ赤や黒の場合もあり。

ホリプパオンステージ|赤青
ホリプパが大活躍するデッキ。
対決とかする。

疾風ビート|赤緑
突っ走って共鳴させてラッパドリアードや煉獄丸で敵陣を支配、
スカルジャイアントなどでエネルギーを縛った状態で完封するビートダウン。

山田式|赤
足回りの早いデッキで豪腕丸やビームビートルでの即死を狙うデッキ。

青葉希望|緑黒青
使用者の名前がついた希望デッキ。

KOM|白緑
カエル/オベロン/マジョリティデッキ。
カエルを出してオベロンを隊列してマジョリティで即死させるデッキ。

コメットゼロ|白
ダメージを無効化する封印されしものゼロと、相手から逃げまくるコメットペガサスの能力で不死身のゼロを作り出すデッキ。

抜刀イーグル|青黒赤緑
サンダーイーグルに邪印抜刀を付けて殴る→相手が避ける→勝つを繰り返してスペルを回収し続けるデッキ。
エネルギーリリース手段と誇りある反乱者などのスマッシュ増加手段で一撃必殺を狙う。

お遍路ジャーニー|青
ジャーニーが一周するデッキ。
使用者をとったデッキ、使用者も日本をぐるりと周ったことでその名を高めた。

AKB|青白
エビブラック、登場する崖、大増産ライン、大陸アルドのアクアナイトで相手の山札を破壊するデッキ。
アクアナイトブラック(ApuaKnightBlack)の略称。

ガロンウッディ|緑青
ガロンとウッディを始めとしたコストを軽減するギミックを搭載したユニットを展開するデッキ。
隊列を搭載している。

モノクロプラチナ|白黒
サイクロプス→アイス→サイクロプス→プラチナのデッキ。
モノクロだがアイスが重要だったりなかったりもする。アイスは入っていないこともある。

仙スペ|黒青赤
軽コストのベースや失恋や凍結などで盤面を揃えてリムセやランジンを主軸に戦う補給系デッキ。
仙台スペシャルと言いつつ制作者は仙台には住んでいないというのがもっぱらの噂である。
天才仙台。

インペリアルブルー|青
七つの海の王子、妖魔の王子ウッディ、棄国の皇子玖珂白陽、鮫の王レッドアイという非常に高貴な面々が揃った青単。
ちなみに他の色が3枚入っていても、3枚以下ならば単色して表すのがD-0の文化である。
これはバードマンソウルが使用可能な頃からの伝統。

レッドショルダー|白緑
ロサアルバをフィニッシャーに据えたビートダウン。
ロサアルバの肩に咲いた花(アルバローズ?)が赤いから……だけど単純にボトムズのように登場するユニットがばかすか落ちていく様を揶揄したものかもしれない。

筑波TURBO|緑赤
ガイアエンジンを始めとしたエネルギーブースト手段を持ち、エネルギーを伸ばして行動範囲を増やしたデッキ。
分類的にはビートのように見えるものの、実質的には白陽、苦諦などを使用したコントロール。

ZOO|白青
フェンリル、マオ・ロシアンブルー、ペンギンチェーン等、動物園に居そうな?動物型ユニットが多い為命名された。
分類的にはビートダウンに属する。

TPOD|緑赤
ムーを使用するデッキで、ヘルハウンドと大陸アルドのフェアリーのエネルギー加速コンボを搭載している。
獣王覚醒による弱いユニットから強いユニットへの変換なども念頭に置かれた「フォーリナーデッキ」とも言えるもの。
使用したプレイヤーの名前を頭文字にとった(らしい)。

~全最完全攻略本のお知らせ~

ディーッス!
ひとまずは全最お疲れ様でしたという挨拶も、さんざんTwitter( @Giacomo_sif )でしましたが、
改めまして……

全日本最強決定戦、お疲れ様でした!!
すべてのD0erに祝福あれ!

会場内ではミヤマコ&つばさのメルマガが好評であるというお言葉をいただきました(※ジャコモは当事者ではありません)
で、その中から意見もいただいたのですが、
「全最完全攻略本を売ってるって聞いたけど、どこでさ!!」
……というもの。

そうですね、過去に私も宣伝しましたが、宣伝ページには売ってることが書いてません。
メルマガ限定の、というのはあまりにも機会損失ですね。手落ちですよミヤマコ君(上から目線の嫌なやつ)

しかしミヤマコ&つばさはATKにとって財産の一つ、ここは責任をちょっとだけ持って宣伝しておきます。

全最完全攻略本
http://d0-stepup.sakura.ne.jp/zensai_kouryaku/

元カムイ(北海道最強の称号)を持つ男と、その調整相手が作成した完全!を名前に入れた凄い攻略本!
製本技術もない、はじめての同人誌ですから文章構成とか見やすさにはまだまだ改良の余地があるものです。

しかし

これがいろんなヒトに「なるほど!」という声を頂いています。
そして、1,260円というそれなり以上のお値段に殆どの方が納得しているのも事実。
それどころか!製本すると3,000円程度の金額になっているのにそれすら満足という声まで殆どの購入者からいただいているのも事実。

こりゃ凄いことです。

全144ページという読み物としても納得できるページ数に、実際にこの数年間、4th後半から初めて周囲の強豪に凹まされながら、
遂に文章にすることにできた二人の「勝利へのプロセス」と「戦いの軌跡」が濃密に詰まっています。
その数年間をここに凝縮しているのだから、お値段以上の価値がある!

今なら「納得しなけりゃ金いらぬ」と言わんばかりに一年間返金保証付き!

全最で戦績が振るわなかった人も、あと一歩だった人も、そして納得行く結果の人も
新たな戦術のためにも、
次の勝利のためにも、
余韻を楽しむためにも、どうぞご覧ください!

全最完全攻略本
http://d0-stepup.sakura.ne.jp/zensai_kouryaku/

質問などありましたらATKではなく製作者であらせられる
ミヤマコ氏( @miyamako2010
桃爪 翅氏( @Tsubasa_TOSO
までお願いします。
そして同じく好評をいただいているD0メルマガ( リンク先:メルマガ宣伝ページ )もどうぞよろしくおねがいします!

全最でやってみよう!「トレード編」

ディーッス!!
D-0界の「えじぷしゃん」ことジャコモだよ☆

ついに迫ってきましたDimensionZero最高峰のイベント、
全日本最強決定戦、通称〝全最〟!!
各地の猛者たちがしのぎを削り、そして一堂に会するD-0界の……いや!
TCG屈指の、勝負師たちが命の炎をぶつけあうイベント!!

が、しかしやれることは「戦うこと」だけではありません。
トレードというアツい収集合戦もまた、もう一つのイベントの楽しみ方でしょう。

欲しいカードは集まりにくい、それが最大の敵と言われているゲームがこのDimensionZero。
こうした全国から人が来ることはなかなかありません。
現状ではTwitterを使用し、
#D0_Wanted #D0_TCG
というタグをつけて宣言すれば見ているハードプレイヤーからは反応が来るでしょう。
しかし、中々そうした行為というのは億劫になりがち……。
どうせならトレード資材を持って行って現地でやりとりしたほうが楽ではあります。
そんな時に役に立つのはなにか、というのがこれら

1.トレードリスト
自分が何が欲しい!というのを書いておく紙やブログのアドレス。
タブレットPCやスマートフォン、或いは物理的に紙なんかの媒体で相手に
「これが欲しいです!このトレードボックスから選んでトレードしてもらえませんか!」
と言えば相手にも自分にも楽ができます。

2.トレードボックス
持ってきたトレード用資材をTCG用ストレージで一つに纏めておくとわかりやすく、
トラブルも発生しにくいです。
色ごとに分けたり、センチュリーごとに分けるとトレード相手も楽ができますが、
綺麗に分けすぎて「あ、そのカードはこっちにいれてください!」なんてやりとりを繰り返すと
相手も自分も疲れてしまうのでほどほどに手を抜いた整理、というのも重要かも。

3.価値基準の自分の中の決定
「これがほしい」「これじゃ足りぬ」
なんてやりとりはトレードではつきもの、持ってきた資材を「ここからこのカードは○○であれば出せます」
とか言えるような整理の仕方をしておくと便利かもしれません。

この辺りでしょうか?
また、追加としてこんなことも重要です

4.持っていくカード
基本的に世の中の人が足りないカードはずばり「4thの後半のRとSR」、「5thのRとSR」です。
やはりここらへんを重点的に持っていくのは重要でしょう。
しかし、持っていないという方もやはり多くいます。
そういう時はとにかく家にあるRとSRを持っていきましょう。
意外と2ndのカードを持っていない方はいらっしゃるのでない場合はそちらも重点的に持って行くと良いかもしれません。
それ以下のレアリティが役に立たないかと言われればそうではなく、
○○ロード系のカード(主にフレアやスカイ)も意外とトレード資材になることもあります。
やはりUC以下のカードも5thのカードが人気ですね。

5.そういうカードがない場合で、あなたにお金の余裕があるなら
いっそのこと、買ってからトレードに挑むのも手でしょう。
通販サイトで5thや4thの後半弾のRやSRを仕入れて、それをトレードの弾にするというかなり強引な手段です。
(もちろん、トレードが成立するとは限らず、無駄な出費になる可能性にもありますが…)
以下のサイトではDimensionZeroのカード在庫があるお店なのでURLを貼っておきます

G-PROJECT さん
http://g-project.ocnk.net/

Live Magic さん
http://www.enjoy.ne.jp/~livemagic/

マスターズギルド さん
http://guild.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=330713&csid=0

そしてまだやれるかどうかわからないこと
.金銭トレード
資材がないならお金でビンタだ!
というのはかなりスマートな解決策ですが、そもそも会場が金銭でのトレードが禁止である場合が多いです。
事前に運営さまから「いいよ、だめだよ」みたいなお話があると思いますのでそれに従ってくださいませ。

今回はこんなところで。
次もまた、こんな感じの記事でお会いしましょう!!

ユーザーによるD0メールマガジンができたそうですよ

ディーッス!

今回はATKによく参加してくださる「ミヤマコ」さん、同じく「桃爪 翅」さんがあるプロジェクトを開始したとのことで、
宣伝記事の一つでもと思いまして、ここに至ります。

それが「D-0メールマガジン」!!
かつて公式が行っていたものが、久しく稼働していない……。
そして同時にネットでも過去に隆盛した情報封鎖のツケが来て、新規ユーザーが様々な技術を吸収する場所がない。

そんな時に、同じ経験をしたユーザーが作り始めたのがこの

http://d0-stepup.sakura.ne.jp/mailmagazine/index.html

ディメンション・ゼロメールマガジン!!

ではまず見てみましょう。

ふむふむ。
うん、実に詐欺サイトっぽい。
ジャコモ知ってるよ、これ登録したら
「女子高生とかが家に住まわせてほしい。代わりにイチャイチャし放題」
とか
「未亡人が一億であなたを買って夜を伴にします」
とかのメール来ちゃうやつでしょ?

実際に聞いてみました(ジャコモ「ミヤマコが言ってたサイト見たけどさ」…という前置きからスタート)

ジャコモ「え?詐欺サイト?」
ミヤマコ「怒りますよジャコモさん」

どうやら本気で技術を研鑽したり、デッキなどについての情報を広め、
多くの人の「ひとつうえの強さ」に導くためのステップアップガイドのようです。
もちろん、私も登録してメールが届くのを確認していますから大丈夫。

「誰もやらない、どこにも情報がない……と愚痴を吐くだけで何もしないのはダメだ」
――そうして自分から腰を上げて実行した二人。

あなたから見たなら、まだまだ技術力や文章力が足りていないかもしれません。
けれど、彼らの熱意は少なからず他のD-0のサイトを運営している方々に「宣伝をしてやろう」
という気持ちにさせるものでした、或いは久しく忘れていたブロガー魂を震わせるにあたう企画であったのかも知れません。
彼らのメールマガジンがどれだけの人に役に立てるか、
どれだけ多くの情報を創りだすかは、あなたの登録しだい……かも知れません。

ディメンション・ゼロメールマガジン
http://d0-stepup.sakura.ne.jp/mailmagazine/index.html
ミヤマコ:@miyamako2010
桃爪 翅:@Tsubasa_TOSO

北最終了記念&各地域最強決定戦に向けて!!

ディーッス!!こちらのブログでははじめまして!
D-0界の「二重スパイ」ことレダです!!

普段、陸の孤島こと筑波にてカードゲームをしている私ですが、
とある経緯があってこちらで記事を載せていただけることになりました。
というのも、去る5月の「第二回ヴェネツィアD0祭り」に参加させていただいた際、
「(今回の第二回ヴェネツィアD0祭りにも)09秋みたいな記念プレイマットほしいな」との思いつきにより、
素敵なバナーの数々を手掛けたハサ西さんに、
「バナーのイラストを使って、プレイマットを作りたいのですが(イラストを素材として使っても)いいですか?」
と、無謀にも訊いてみたところ、快諾していただけたため現在に至る、と言った次第です。

データとしてプレイマットの形になったので、先日印刷業者さんに依頼して試しに印刷!
印刷したのがこちら!

全体図(右側の黒いエネルギーゾーンは左にもあります…が、大きすぎてカメラに入りきりませんでした)
mat01

カードを置いてみた。
mat02

試しに、ということでかなり大きいサイズ(450*900)での制作だったりします。
素材はラバー+特殊ラミネートということで、固めの素材にしっかりとした表面と大変いい出来となりました!

そこで今回、サイズを450*600と気軽に持ち運べるサイズに落として、受注生産+頒布します!
所謂カスタムプレイマットなのでお値段はやや張って5000円(郵送料込)~となるかなと思います。
4人以上の申し込みがあれば受注生産となります。人数が多くなると多少安くなるかと思われます。
また、「俺は450*900の大判が欲しいんだ!!」みたいな猛者が4人集まった場合、試作品と同じ大判での制作も可能だったりします。

申し込み質問等の連絡先は
ledah.tsu@gmail.com
まで

住所・連絡先・本名・枚数

を記載して申込ください。

申し込みの期限は
7/31まで、とさせて頂きます。

なぜなに新レギュレーション

ディーッス!! くろぬこです。

さてさて、ヴェネツィアD-0祭りの興奮も冷めやらぬ内に発表された新レギュレーション。「俺の○○デッキが使えなくなった!!」「アイツが居なくなるのなら、この○○デッキがワンチャン……!!」などと一喜一憂すると共に、早速新たなデッキ作成に取り掛かっている方も多いかと思います。
そんな方々、あるいは「今からD-0を始めたいor久しぶりに復帰したいけど、結局どのカードが使えるの?」という方々のためにも、ここでもう一度新レギュレーションのおさらいをしたいと思います。

◆変更履歴
2013-05-26 使用出来ないカードに「神を討つ魔剣の勇者」「大巨人バックス」を追加

◆2デッキ制について
今回の大きな変更点として、2デッキ制の大会で使用できる禁呪の数は“A・Bの2デッキ併せて10”となります。
禁呪を10使用したデッキをAデッキ、禁呪を9使用したデッキをBデッキとするようなことは出来ません。
例えばAデッキで禁呪を6使用した場合、Bデッキで使用できる禁呪の数は4までとなります。

◆使用可能カードについて
「II-1~4」「IV-1~4」「V-1~2」に収録されているカードの内、下記の「使用出来ないカード」を除くすべてのカードの使用が可能です。(使用出来ないカードの理由等についてはこちらを参照願います)
2013年3月以降配布される新規PRカードと、再録カードについても使用が可能です。
特殊な構築戦であるため、DPAが定めた禁止・制限は使用しません。よって、下記の「使用可能なカード」についても使用が可能です。

+使用出来ないカード+
2-1 074/失恋の痛み
5-1 192/ロスト・ワールド
2-2 019/ニトロ・カタパルト
2-4 059/サイバー・ダイブ
4-1 179/草夾竹桃
4-1 192/枯れ果てた大樹
4-2 012/機神兵カンノン
4-2 057/産卵科病棟
4-2 058/超常現象対策本部
4-3 094/神を討つ魔剣の勇者 (05/26追加)
4-3 102/妖精の社交場
5-1 008/焔魔ツユシバ
5-1 052/錯乱時計パニックヴォイス
5-1 074/失恋の痛み
5-1 084/エビアクトレス
5-1 085/賢者妖精ペイングリン
5-1 091/アトロシティ・アトラス
5-1 104/料理長コック・ハワード
5-1 130/魔導王女アリエーテ
5-1 173/変幻獣バブルスカラベ
5-1 190/大巨人バックス (05/26追加)
5-1 192/ロスト・ワールド
5-2 016/大陸アルドのブラックナイト
5-2 025/光の勇者マキリ
5-2 072/大陸アルドのサイクロプス
5-2 189/森の守り神キーマ
5-2 200/妖精のダンス
5-2 206/精霊使いアキロ

+使用可能なカード+
2-2 035/陽気な幽霊屋敷
2-4 079/サイレント・マジョリティ
4-1 024/融解戦鬼灼熱王
4-1 071/骨肉加工場

以降は再録カードについての説明となります。

続きを読む