4/1-4/2 大蝦夷の乱

ディーッス!!
D-0界の「オルタ」ことジャコモだよ☆
開催日は4月1日(土曜日)と4月2日(日曜日)です!

今回の開催場所はいつも通りの「中央区民センター http://www.chuou-kusen.jp/」となります。
お気軽にお越しくださいませ!

ぜひ、お気軽にお越しくださいませ!
内容は下記の通りとなります。

4月1日の部

開場 10:30
その前に入場すると手伝わされる可能性が非常に大きいです。
手伝ってくれた方には先着で飲み物が振舞われたり振舞われなかったり。

【レキセン/歴史大戦】11:30開始
特殊なレギュレーション(レキセンレギュ)で行われる大会。
サイド有り2本制。制限時間60分。

+レギュレーション+
デッキを構築する際、以下の条件を満たさなければならない。
センチュリー単位でカードを選んで使用する。
例)ファースト・センチュリーでデッキを構築することをあなたは選んだ。その場合、使用できるカードは「Ⅰ―1」「Ⅰ―2」「Ⅰ―3」「Ⅰ―4」に収録されたカードのみを使用できる。
再録カードは再録元のセンチュリー以外は例外を除いて使用できない。
例)ルビー・ソウルはファースト・センチュリー以外は使用できない。再録されたサード・センチュリーでは使用できない。
例)フィフス・センチュリーのみ再録が使用できる。
代理カードの使用を許可する。
例)FxierSとProxyを除いて、持っていないカードをカード名称を書いて、それをそのカードとして使用できる。
一部の例外が存在する。
例外:レアリティがシークレットとプレミアムレアのカードは、それは再録として扱わない。それはそのセンチュリーのカードであり、同時にPRでもあるとして扱う。
例外:Ⅳ-1グレン・リベットを代理カードではなく、本来のカードで使用する場合、それはエラッタを適用しない。
例)ボンガを継ぐ者はサード・センチュリーを選択した場合でも、Proxy&PRを選択した場合でも使用できる。
例)グレン・リベットはファースト・センチュリーとフォース・センチュリーを選択している場合のみ、それは使用できる。
使用できるセンチュリーは以下のとおりである。
カードリストに関してはD0-RSSを使用すると解りやすい
●上記で書かれていないルールは全て通常の構築戦のようにして扱う。
例)カード単体の上限枚数(*3)、禁呪の上限点数(*10)、デッキ枚数(*40)、サイドデッキ枚数(*10)等は本来のルールが変更されることはない。

【ファースト・センチュリー】
使用可能なカード:「Ⅰ―1」「Ⅰ―2」「Ⅰ―3」「Ⅰ―4」に収録された全てのカード

【セカンド・センチュリー】
使用可能なカード:「Ⅱ―1」「Ⅱ―2」「Ⅱ―3」「Ⅱ―4」に収録された再録を除く全てのカード

【サード・センチュリー】
使用可能なカード:「Ⅲ―1」「Ⅲ―2」「Ⅲ―3」「Ⅲ―4」に収録された再録を除く全てのカード

【フォース・センチュリー】
使用可能なカード:「Ⅳ―1」「Ⅳ―2」「Ⅳ―3」「Ⅳ―4」に収録された禁呪と再録を除く全てのカード
注意)禁呪の使用は「認められていない」

【フィフス・センチュリー】
使用可能なカード:「Ⅴ―1」「Ⅴ―2」に収録された禁呪と以下に記載されているものを除く全てのカード
エビアクトレスは使用できない。
Ⅴ-aに収録された焔魔カンゼミズ、幽魔タスヴィーリー、洞魔ジュウエルはPRカードであるため使用できない。
Ⅴ-2にナンバリングされている202~218のカードは使用できない。
注意)上記のカード以外の再録カードの使用は「認められている」
注意)禁呪の使用は「認められていない」

【FixerS】
使用可能なカード:「F-1」、「F-2」、「F-a」、「Proxy」の全てのカード
注意)禁呪の使用は「認められている」

【Proxy&PR】
使用可能なカード:「Proxy」に収録された禁呪を除く全てのカード、プロモーションとして配布・販売された禁呪と以下に記載されているものを除く全てのカード(このセンチュリーのみ、それらのカードは再録として扱わない)
カニアーミーは使用できない。

【Unseal】
使用可能なカード:「禁呪」を持つ全てのカード。《神竜の書》、《魔界紳士録》、《深海目録》、《零号機の福音書》、《融合進化論》を入れる場合、それに対応するカードは禁呪を持たないが例外的に入れてもよい。
対応カード
《神竜の書》=《ギャラクシー・ドラゴン》、《魔界紳士録》=《総司令ベリアル》、《深海目録》=《ギガント・ウロボロス》、《零号機の福音書》=《ゴー・トゥ・ヘヴン》、《融合進化論》=《新生獣G・ガドリオン》
例)融合進化論を1枚デッキに入れているので、新生獣G・ガドリオンを1枚デッキに投入することができる
例)零号機の福音書を2枚デッキに入れているので、ゴー・トゥ・ヘヴンを3枚デッキに投入することができる

【構築戦】15:30開始
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」のカードを使用して行う構築戦。

+レギュレーション+
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」までのカードセットを使用できる。
・使用できる禁呪はメインデッキ、サイドデッキ合わせて10点が上限である。
(サイド無しの1本制の場合はメインデッキのみで禁呪の上限が10点である。)

使用可能カードリストから除外されるカード一覧
全最2017秋 除外リスト http://zerojigen.sblo.jp/article/177095956.html

4月2日の部
【定山渓ドラフト】11:30開始
参加者がおられましたらやります。
詳細は当日に。

【構築戦】11:30開始
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」のカードを使用して行う構築戦。

+レギュレーション+
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」までのカードセットを使用できる。
・使用できる禁呪はメインデッキ、サイドデッキ合わせて10点が上限である。
(サイド無しの1本制の場合はメインデッキのみで禁呪の上限が10点である。)

使用可能カードリストから除外されるカード一覧
全最2017秋 除外リスト http://zerojigen.sblo.jp/article/177095956.html

【構築戦】15:30開始
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」のカードを使用して行う構築戦。

+レギュレーション+
「Ⅳ-1~4」、「Ⅴ-1~2」「FixerS」までのカードセットを使用できる。
・使用できる禁呪はメインデッキ、サイドデッキ合わせて10点が上限である。
(サイド無しの1本制の場合はメインデッキのみで禁呪の上限が10点である。)

使用可能カードリストから除外されるカード一覧
全最2017秋 除外リスト http://zerojigen.sblo.jp/article/177095956.html